アルコールを飲んだときにできるむくみの原因と対策

楽しくお酒を飲んで満足して就寝。
でも朝起きたら、、、

お酒を飲んだ次の日に顔やて、足がむくんでいることがありますよね。
もしかしたらお酒を飲んだら毎回むくんでいる方もいるのではないでしょうか?

ここではお酒を飲んでアルコールを体内に入れることによるむくみの原因と対策について紹介をしていきます。

お酒を飲むとむくみができる原因は?

お酒を飲んでむくみができるのには、主に3つの原因があります。

1.アルコールを飲むことによって起きる血管透過性の亢進の影響
2.アルコールの利尿作用による脱水
3.おつまみによる塩分過多

1.アルコールによって起こる血管透過性の亢進の影響
アルコールを飲むことによって、血行の促進、血管の膨張が起きます。
血管が膨張するときに起きるのがこの血管透過性の亢進です。

血管透過性の亢進といわれてもわかりにくいと思いますが、これは、血液の中にある水分やその他成分が血管の外に染み出しやすくなる現象のことを指します。(厳密には少し違います)

お酒を飲んでアルコールを摂取すると、アルコールを分解する為に血液中の水分量が増加しますよね。
血管透過性の亢進が起きている状況で血液中の水分が多くなってしまうと、血管の外に染み出す水分の量が多くなるので、むくみが発生してしまうのです。

2.アルコールの利尿作用による脱水
アルコールを飲むとトイレが近くなりますよね。
これは、アルコールの効果の1つである抗利尿ホルモンの抑制が関係しています。

アルコールを飲むと、普段は抑えられている尿意を抑えることができなくなります。
わたし達の体は普段、利尿を抑えることで体内の水分量を一定の量に保っています。
しかし、アルコールを飲むことによってこの利尿を抑えることができなくなるのです。

その為、必要以上にトイレに行く回数が増えて体が脱水状態を起こします。
脱水状態だとわたし達の体は水分を少しでも溜め込もうとする働きを起こすので、むくみとして体の中に水分を溜め込むのです。

また、溜め込む働きに拍車をかけるように、脱水状態ということから水を多く飲んだりもしますよね。
体が水分を溜め込もうとしているところに水を大量に飲むということは大量の水分を体内に溜め込んでしまうということになります。

3.おつまみによる塩分過多
お酒を飲んでいるとついつい味の濃い食べ物を多く食べてしまいがち。
わたし達の体は食べたものの栄養素を血液に乗せて体の中に運びます。
塩分も例外ではありません。

ここで起きる現象は血中の塩分濃度が上がってしまうこと。
血中の塩分濃度が上がると、血液中の塩分濃度を下げるために血中の水分量を増やします。

血管透過性の亢進が起きて血液中の成分が血管の外に出やすくなっている状態での塩分過多による水分量の増加。

これもお酒を飲んだときのむくみの原因となっています。

お酒を飲んだ後のむくみの対策

お酒を飲むと、アルコールの影響とおつまみの塩分の影響を大きく受けてむくみが発生します。

これは、むくみにくいといわれている男性にも現れるしょうじょうなので、普段の状態でもむくみが発生しやすい女性ならなおのことでしょう。

そんなお酒を飲んだ次の日にむくみを作らないようにするには、まず水分を補給することが大切。

水分の補給をせずに次の日になってしまうと、アルコール・塩分・脱水の影響を受けてほぼ100%むくみます。

飲み会の最中にノンアルコールのウーロン茶を飲んだりして、適度に水分を補給することを心がけましょう。

また、飲み会を終えてからもしっかりと水分補給しましょう。

飲み会の後のあなたの体は普段以上に水分を欲しています。

少なくともコップ1杯。
できるなら500ml〜1Lの水分を補給するようにしましょう。

お酒のむくみより水分を取りすぎたむくみの方がはるかに引きは早いです。

そして、水分の補給に飲みたいものとしておすすめなのがコーンシルク茶やごぼう茶。

カリウムが豊富に含まれる上、利尿作用がありますので水分によるむくみの対策になります。

そのほかにはスポーツドリンクを飲んで素早い水分補給をおこない、アルコールの分解を手助けするのも良いですね。

アルコールを飲んだらカリウムを摂ったほうが良い?

お酒を飲んだ後にむくみ対策としてカリウムサプリなんかを飲む方もいるでしょう。

実はこれ、大正解の方法なんです。

アルコールを飲むと、体内にある栄養素がいくつか失われてしまいます。

そのなかにカリウムが入っているのです。

カリウムは塩分排出に欠かせない成分なので、アルコールを飲んだ後に補給するのはむくみを作らないためにもとても重要な成分です。

また、カリウムが失われるということで、毎晩お酒を飲んでいる方は酷いときには低カリウム血症になってしまうことも。

おつまみを食べて塩分を多く摂取したあとの体だからこそ、塩分排出のためにカリウムを補給することはむくみを発生させないためにとても大切なケアとなります。

むくみ、病気の予防の点から見て、アルコールを飲んだ後にはカリウムを積極的に摂取したほうが良いといえます。
※持病を持っているかたは自分の判断でカリウムの摂取を行わず、医師に相談してください。

お酒によるむくみはちょっとした意識で症状を抑えることができます

基本的にお酒を飲んだ後、もしくはお酒を飲んでいる最中に塩分の摂取量と水分摂取を意識すればむくみはだいぶ改善します。

しかし、そうもいっていられないのが飲みの席ですよね。
飲み会が終わった後の対処はもちろん大切なことです。

でも、それ以上に飲みながら食べるものに注意するようにしましょう。

できるなら生野菜を食べることができるサラダ類を多めに食べることを意識しましょう。
キャベツやきゅうりにはある程度のカリウムが含まれていますので、塩分排出を助けてくれます。

また、付け合せのレモンにもカリウムは含まれていますので、レモン果汁をから揚げにかけたりすることも飲み会後のむくみ対策としてはおすすめです。

齧れるかたはそのまま齧ってもOKです。

アルコールは適量だったらむくみの心配はありませんが、飲む量が増えれば増えるほどむくみを作り出してしまいます。

飲み会中・飲み会後のちょっとした意識でむくみは軽くなりますので、少しだけ気にしてみてくださいね。