アルコールを飲んだときにできるむくみの原因と対策

楽しくお酒を飲んで満足して就寝。
でも朝起きたら、、、

お酒を飲んだ次の日に顔やて、足がむくんでいることがありますよね。
もしかしたらお酒を飲んだら毎回むくんでいる方もいるのではないでしょうか?

ここではお酒を飲んでアルコールを体内に入れることによるむくみの原因と対策について紹介をしていきます。

お酒を飲むとむくみができる原因は?

お酒を飲んでむくみができるのには、主に3つの原因があります。

1.アルコールを飲むことによって起きる血管透過性の亢進の影響
2.アルコールの利尿作用による脱水
3.おつまみによる塩分過多

1.アルコールによって起こる血管透過性の亢進の影響
アルコールを飲むことによって、血行の促進、血管の膨張が起きます。
血管が膨張するときに起きるのがこの血管透過性の亢進です。

血管透過性の亢進といわれてもわかりにくいと思いますが、これは、血液の中にある水分やその他成分が血管の外に染み出しやすくなる現象のことを指します。(厳密には少し違います)

お酒を飲んでアルコールを摂取すると、アルコールを分解する為に血液中の水分量が増加しますよね。
血管透過性の亢進が起きている状況で血液中の水分が多くなってしまうと、血管の外に染み出す水分の量が多くなるので、むくみが発生してしまうのです。

2.アルコールの利尿作用による脱水
アルコールを飲むとトイレが近くなりますよね。
これは、アルコールの効果の1つである抗利尿ホルモンの抑制が関係しています。

アルコールを飲むと、普段は抑えられている尿意を抑えることができなくなります。
わたし達の体は普段、利尿を抑えることで体内の水分量を一定の量に保っています。
しかし、アルコールを飲むことによってこの利尿を抑えることができなくなるのです。

その為、必要以上にトイレに行く回数が増えて体が脱水状態を起こします。
脱水状態だとわたし達の体は水分を少しでも溜め込もうとする働きを起こすので、むくみとして体の中に水分を溜め込むのです。

また、溜め込む働きに拍車をかけるように、脱水状態ということから水を多く飲んだりもしますよね。
体が水分を溜め込もうとしているところに水を大量に飲むということは大量の水分を体内に溜め込んでしまうということになります。

3.おつまみによる塩分過多
お酒を飲んでいるとついつい味の濃い食べ物を多く食べてしまいがち。
わたし達の体は食べたものの栄養素を血液に乗せて体の中に運びます。
塩分も例外ではありません。

ここで起きる現象は血中の塩分濃度が上がってしまうこと。
血中の塩分濃度が上がると、血液中の塩分濃度を下げるために血中の水分量を増やします。

血管透過性の亢進が起きて血液中の成分が血管の外に出やすくなっている状態での塩分過多による水分量の増加。

これもお酒を飲んだときのむくみの原因となっています。



お酒を飲みすぎた日の翌日や塩辛いものを食べた、顔がパンパンにむくむことがあります。そんな時はマッサージクリームをたっぷり塗って、リンパを流すようにマッサージします。両手の指をそろえて少し強めに額からこめかみ、鎖骨へ。続いて顎から顔の肉を唇の周りを通って鼻、頬の肉をこめかみへ、そのまま指をすべらせ、耳の後ろを通り、鎖骨へ。顎下から耳の下まで撫で上げ、そこから鎖骨へ。鎖骨に溜まった老廃物をわきへと流し、最後はわきを掴んで、グリグリと揉みほぐします。それだけで、いつもの1.5倍の大きさだった顔が元通りになります。

また、立ちっぱなしや歩きすぎた日は足がむくんで、だるくなるので、圧着ソックスを履いて、足下にクッションを敷いて足を高くして寝ます。何もせずに寝た時より、翌朝のむくみやだるさ、疲れがマシになっているような気がします。
あと、むくみに効果があるということでしたので、マイケアさんの「ふるさと青汁」を飲んだこともあります。効果のほどはというと、目に見えてむくみが解消されたという訳ではありませんが、なんとなく体が軽くなったような気がしました。

これらの対策はあくまで、自己流ですが、私自身が試してみてよかったと思うことばかりです。

友達とご飯に行った翌日、顔がむくんでしまいました。

友達と居酒屋に行った翌日、顔がパンパンになりました。食べすぎかなと思ってはいましたが、あまりにもむくみがすごくて、あごは2重あごになるし、顔の大きさは普段の1.5倍くらいになるし、最悪でした。翌朝、職場の友達と一緒にフェイシャルエステに行くことにしました。その時にエステティシャンの人に教えてもらったむくみ解消の簡単なマッサージをご紹介します。まず、鎖骨の少し上の方にあるくぼみを指で軽く押します。この時、力を入れすぎないで、気持ち良いと感じるくらいの強さで、左右10回ずつくらい優しく押すようにします。続いて、あごから耳の上にかけてのフェイスラインを指で引っ張り上げるように優しくマッサージします。最後に耳の後ろから、首筋、鎖骨の順にマッサージ。この時、顔の余分な水分を鎖骨の方へ流すようなイメージで行うとのことです。これらのマッサージは、時間のある時に1日3回くらいやると良いのだと教えてもらいました。簡単なので、私はさっそく家で実践しました。おかげで、顔のむくみは、3日目くらいには解消されました。塩分の多い食事が良くないと聞いたので、それ以来、醤油やソースはなるべくかけないようにしています。